じゅげむの脳筋ぶろぐ

都内の筋肉系ゲームクリエイター「じゅげむ」の雑記

Mac OS SierraにHomebrewをインストールする

Homebrewとは

Macにソフトウェアやライブラリををインストールできるパッケージ管理システム。噛み砕くと、コマンドライン上から様々なアプリケーションをインストールでき、アンインストールやアップデートなども容易になる。 MacPortsの様にすべてのライブラリをダウンロードするのではなく、Macに入っているライブラリを極力使用する仕組みになっている。また、brewコマンドにsudoが必要ない。

Command Line Tools for Xcodeのインストール

  1. terminalを起動して、以下のコマンドを入力してHomebrewのインストールをします($の入力は必要ありません)
  2. インストールが完了したら、XCodeを起動して、ライセンス使用許諾契約に同意してください。
$ xcode-select --install

Homebrewのインストール

http://brew.sh/

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
==> This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/share/doc/homebrew
/usr/local/share/man/man1/brew.1
/usr/local/share/zsh/site-functions/_brew
/usr/local/etc/bash_completion.d/brew
/usr/local/Homebrew

Press RETURN to continue or any other key to abort
==> Downloading and installing Homebrew...
remote: Counting objects: 3779, done.
remote: Compressing objects: 100% (2559/2559), done.
remote: Total 3779 (delta 1877), reused 2429 (delta 1080), pack-reused 0
Receiving objects: 100% (3779/3779), 2.26 MiB | 1.35 MiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (1877/1877), done.
From https://github.com/Homebrew/brew
 * [new branch]      master     -> origin/master
 * [new tag]         0.1        -> 0.1
 * [new tag]         0.2        -> 0.2
 * [new tag]         0.3        -> 0.3
 * [new tag]         0.4        -> 0.4
 * [new tag]         0.5        -> 0.5
 * [new tag]         0.6        -> 0.6
 * [new tag]         0.7        -> 0.7
 * [new tag]         0.7.1      -> 0.7.1
 * [new tag]         0.8        -> 0.8
 * [new tag]         0.8.1      -> 0.8.1
 * [new tag]         0.9        -> 0.9
 * [new tag]         0.9.1      -> 0.9.1
 * [new tag]         0.9.2      -> 0.9.2
 * [new tag]         0.9.3      -> 0.9.3
 * [new tag]         0.9.4      -> 0.9.4
 * [new tag]         0.9.5      -> 0.9.5
 * [new tag]         0.9.8      -> 0.9.8
 * [new tag]         0.9.9      -> 0.9.9
 * [new tag]         1.0.0      -> 1.0.0
 * [new tag]         1.0.1      -> 1.0.1
 * [new tag]         1.0.2      -> 1.0.2
 * [new tag]         1.0.3      -> 1.0.3
 * [new tag]         1.0.4      -> 1.0.4
 * [new tag]         1.0.5      -> 1.0.5
 * [new tag]         1.0.6      -> 1.0.6
 * [new tag]         1.0.7      -> 1.0.7
 * [new tag]         1.0.8      -> 1.0.8
HEAD is now at 84d1661 Merge pull request #1365 from MikeMcQuaid/audit-stable-url-beta
==> Homebrew has enabled anonymous aggregate user behaviour analytics
Read the analytics documentation (and how to opt-out) here:
  https://git.io/brew-analytics
==> Tapping homebrew/core
Cloning into '/usr/local/Homebrew/Library/Taps/homebrew/homebrew-core'...
remote: Counting objects: 3739, done.
remote: Compressing objects: 100% (3629/3629), done.
remote: Total 3739 (delta 12), reused 322 (delta 1), pack-reused 0
Receiving objects: 100% (3739/3739), 2.99 MiB | 2.65 MiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (12/12), done.
Checking connectivity... done.
Tapped 3618 formulae (3,766 files, 9.3M)
Already up-to-date.
==> Installation successful!
==> Next steps
Run `brew help` to get started
Further documentation: https://git.io/brew-docs

途中でEnterキーの入力とパスワードの入力を促されますので入力してください。brew helpを入力してくださいと出ますが入力しなくても大丈夫です。

インストールの確認

$ brew doctor
Please note that these warnings are just used to help the Homebrew maintainers
with debugging if you file an issue. If everything you use Homebrew for is
working fine: please don't worry and just ignore them. Thanks!

Warning: You have MacPorts or Fink installed:
  /opt/local/bin/port

This can cause trouble. You don't have to uninstall them, but you may want to
temporarily move them out of the way, e.g.

  sudo mv /opt/local ~/macports

警告を無視しても問題ないが、Warningが出てるので念のためmacportsにインストールしているファイルを移動します。

sudo mv /opt/local ~/macports

再度実行

$ brew doctor
Your system is ready to brew.

今度は大丈夫そうです。 以上でhomebrewのインストールが完了しました。

モチーフとコアアクションの重要性について

新しいゲームを企画するための手法はいくつか存在するが、そのうちのひとつとしてモチーフコアアクションを区別して考える方法がある。 この手法を用いることにより、組み合わせを変えながら多くのアイデアを検討することができるからだ。

例えば、ラブライブ!を例にしてみよう。このゲームは美少女アイドルをモチーフとし、リズムに合わせてキャラクターをタップする音ゲーをコアアクションとしている。こうして分けて考えることによって、例えばモチーフをアイドルではなくヴィジュアルバンドに変えてみたらどうだろう。とか、アイドルをイケメンに変えてみたらどうだろう。といった具合でいくつものアイデアを出すことが可能なのだ。

f:id:jugame:20161027092815p:plain

ゲームの大まかな方向性が決まれば、あとは細かい設定やルールを調整してゲームを作っていくことができる。

モチーフとは

絵画や芸術の分野では「表現をする動機である着想」のことを指しているが、ゲームにおいては世界観を決定づける題材を指すことが多い。特にアプリ業界では、説明が必要な世界観は敬遠されがちなので、有名でお約束のモチーフを選定すると良い。例えば、スクエア・エニックスのグリムノーツのモチーフは「グリム童話」である。グリム童話のキャラクターなら、大半の人が知っているので、ガチャで偶然出会った初見キャラクターでも愛着が湧きやすい。 パズドラのように多くのキャラクターが登場するアプリでは、異なる世界観のモチーフが同じゲームに混在する場合もある。このほか、IP(ドラゴンボールやブリーチのような版権もの)のように、すでに世界観が構築されているシリーズをモチーフとして使うことも増えてきている。

コアアクションとは

ゲームにおけるコアアクションは直感的で簡単であることと、極めるために奥が深いことが重要である。このふたつの性質は逆ではなく共存可能な性質である。例えば、クラッシュオブクランは召喚したいフィールドをタップすることで直感的に駒の召喚ができるが、駒を召喚するタイミングや駒の性質によって戦況が大きく変わる。結果のすべてを予測しきれないほど多くの要素によってゲームをデザインすることで奥深さを作り出している。

モチーフを変えてヒット確率を上げる手法

最近のアプリ業界の傾向として、ヒット作のコアアクションを利用してモチーフを変更したゲームが多くリリースされている。これは、制作費が上がってきたことにより、以前のように斬新なコアアクションに挑戦しづらい風潮が一因となっているようだ。このようなゲームはユーザにパクリゲームと言われて叩かれがちなのだが、制作側は「パクっている」つもりはないだろうし、これだけゲームが氾濫しているなかで似たゲームがでることは仕方がないことである。筆者もこれが悪だとは思っていないし、むしろヒット確率を上げるために必要な行為だと考えている。

コロプラのヒット作に白猫プロジェクトというゲームがある。このゲームは3Dアクションゲームがことごとく失敗していた当時のモバイルゲーム市場に、彗星のごとく現れて大ヒットした挑戦的なゲームだった。このヒットを受けて、3Dアクションゲームが市場に受け入れられるようになりこのコアアクションに対して様々なモチーフを変えたタイトルが発売されている。例として「サムライライジング」と「BLEACH ブレイブソウル」を挙げる。

f:id:jugame:20161027092817p:plain

サムライライジングは白猫に似たコアアクションに「和」のモチーフを加えてデザインされている。ゲーム画面は白猫と見間違うほどそっくりに見えるが、白猫には足りなかった要素を加えて作り直されており、かなりクオリティの高いゲームとなっている。

youtu.be

また、「BLEACH ブレイブソウル」も同様にコアアクションは白猫にそっくりだが、少年ジャンプの人気IPをモチーフとすることで全く違った世界観にリメイクされている。白猫のコアアクションはキャラゲームと非常に相性が良いので、IPモチーフとは非常に良く噛み合っている。

youtu.be

このように、魅力的なコアアクションにモチーフを載せ替える手法はアプリ業界でよく使われている。もし、ゲームの企画に行き詰ったときは、モチーフとコアアクションを切り離して様々な可能性を検討すると求められている正解に近づくかもしれない。 ただし、この手法を用いて企画されたゲームは本家と比較されるデメリットが存在する。当然のことを書くが、単純に「パクる」だけでは成功しづらい。それは、モチーフとコアアクションの組み合わせが噛み合っていることが求められるからである。もし、明らかにパクりゲームを作った上につまらないをリリースしたのでは、むしろ会社のブランドを下げることに繋がる。クリエイターなら、より細かな部分の仕様を綿密に考え抜き、クオリティの高いゲームを作り上げたいものである。

はじめまして。じゅげむです!

はじめまして!筋トレ大好きゲームクリエイターじゅげむと申します。 都内のゲーム会社でディレクターをする傍ら、ほぼ毎日ゴールドジムに通う脳筋野郎をしています。昔から文章を書くことが大好きなので、日々の考えをアウトプットできる場としてブログを活用することにしました。

筆者について

年齢は20代中盤の独身男性で、常に前髪が上部に吹っ飛んでいます。 非常に極端な性格で生き急ぎがちです。 パワプロでは経験値をパワーに全振りしてパワーヒッターと広角打法をつけたい派。 ゲームクリエイターというWLBとは無縁の生活を続けている割には、衣食住が充実した生活に憧れており、短い時間で大きな成果を上げることをいつも考えています。 そのため、筋トレ料理ライフハックが趣味なのは必然。

趣味の筋トレについて

筋トレ歴は5年で、ほぼ毎日ウェイトトレーニング有酸素運動を継続しています。 適度に絞れたたくましい体を目指して日々トレーニングをしています。 好きな種目はデッドリフトプロテインは海外から個人輸入する派。

じゅげむの略歴

  • 田舎の高校卒業
  • 大学では情報学を専攻
  • 大学院では映像メディアについて研究
  • 某企業に新卒入社しゲームクリエイターとして働き始める
  • 担当タイトルが大ヒットし、次第にハードワーカーへの道を歩み始める
  • 強い体を手に入れるために筋トレを始める
  • 今に至る

つらつらと書きましたが、筆者はゲームと筋トレが大好きということが伝われば幸いです!笑 それでは末永くじゅげぶろをよろしくお願いします!!